タイルカーペット

タイルカーペットお支払&配送返品交換SHOP紹介FAQサポートカート

タイルカーペット

このページは「カーペットとラグの違いとは 」の情報コンテンツです。
タイルカーペット > カーペットとラグの違いとは

豆知識

カーペットとラグの違い

インテリアとして使うカーペットやラグ。特に最近ではラグを利用してオシャレなお部屋づくりをされる方が多くなってきたように感じますね。さて、アナタはカーペットとラグの違いが説明できますか?

カーペットとラグの違い

大まかな違いとしてはカーペットは床に敷いて使うものの全てを指しますが、ラグはその中でも部分的に使われるものを指します。だいたい3畳くらいまでの大きさのものをラグと言いますね。ちなみに、1畳に満たないような小さなものはマットと呼ばれ、ラグにはなりません。つまり、カーペットというカテゴリーの中にラグが所属するようなイメージです。

また、使われる目的としてカーペット(絨毯)は室温を保つためであったり防音を目的とされることが多いためお部屋の床一面に敷かれるものを指すことが多いのに対して、ラグはお部屋のインテリアの一部として使われることが多く、保温性や防音性は望めません。しかし、ラグは柄・模様だけではなく、形にも個性的なものが多くオシャレなお部屋づくりに一役かってくれます。

ラグの使い方例

お好きに使って頂くのが一番ですが、ラグの使い方の例としてはフローリングのリビングに緑のラグを敷いてそこにテーブルを置けばテーブル周りだけが草原のようになったり、ソファーの前などにラグを置くことでソファーに座りきれなかったらラグの上で床に座る、という人を集めるためのインテリアとしても使えますね。

オススメはタイルカーペット

カーペットでオススメなのはタイルカーペット。1枚もののカーペットでなければ実現できないような柄・模様もあるので、どうしてもこだわりの模様がある方には合わないカーペットですが、部分的に汚れても張り替えることができたり、タイルカーペットの組み方で同じカーベットでも模様を変えることができるなど、使い勝手の良さがありますね!

最近では、タイルカーペットをお部屋の一部に、ラグと同じような使い方をする方もいるなど、アイディア次第で幅の広がるカーペットです。

タイルカーペット 激安通販